RANKING

人気ランキング

  1. HOME
  2. 人気ランキング
  3. 人気ヘッドランキング

人気ヘッドランキング

ドライバー部門

1位 BB4 プログレス

BB4は新開発ベローズソールの採用により、これまでにない飛距離を体験できるゴルフクラブヘッドです。ベローズソールがインパクト時のエネルギーを最大限にボールに伝え、適正なスピン量と打ち出し角を実現しました。

2位 GT455PLUS GTD

地クラブ初!カーボンクラウン&シャフト可変式そして、GTD史上《最大の飛距離》がっつり捉まえた感、をプラス。「打感」「初速」「安定感」そして「飛距離」そのすべてで、GT455を超えてゆく。

3位 COMPETIONE 568 BALDO

開発のコードネームは、KAMIKAZE。ゴルファーが自分の心の中に神風を呼び起こすことのできるドライバーをイメージした、デザインです。

4位 RODDIOコンパクトドライバー RODDIO

ヘッドサイズをダウンサイジングしたからこそ可能となったテクノロジーを積極的に取り入れた、新しいカタチの高性能ヘッドです。飛距離性能において多くのゴルファーから高い支持を得ています。

5位 TOXIC R460 ReVe

素材を生かし、空力で前へ弾き飛ばす、TOXIC R460 ドライバーヘッド。打った瞬間にヘッド全体がたわみ、トランポリン効果でこれまでにない飛びを実現。

 

フェアウェイウッド部門

1位 RODDIO FW RODDIO

RODDIOフェアウェイウッドは第一に「圧倒的な飛距離性能」を、第二に「個々のニーズをカタチにできる独自のチューニング構造」を追求し開発された高性能ヘッドです。

2位 GT-FW GTD

待望のGTDフェアウェイウッド!チタンフェース&高弾道で上から落とす。可変式スリーブになっていて、±1度でロフトをかえられます。

3位 TOXIC FW ReVe

TOXIC R 460 ドライバーのテクノロジーを受け継いだ方向性と打ちやすさを兼ね備えたモデルです。大きな特徴は、ソールの溝 整流効果を高めて空気抵抗を減少させる効果があります。

ユーティリティー部門

1位 RODDIO UT RODDIO

強くて軽いチタン合金をフェースを含むボディ全体に使用することで、高い反発による飛距離と設計自由度の高い構造を同時に可能にした、飛んで、上がって、止まる、理想的なユーティリティヘッド。

2位 RYOMA U RYOMA

ロングアイアン以上の飛距離とミドルアイアン以下のやさしさを両立。誰もが実感できる「飛んで曲がらない」強弾道で、あらゆるゴルファーのスコアを大きく変える高性能ユーティリティ。

3位 PXG GEN2 0317X HYBRIDS PXG

高精度重心可変システムと調整可能ホーゼル使用、前方にウエイトを配置したデザインは、前方かつ低い重心位置を実現させ、低スピンの弾道を生み出します。

アイアン部門

1位 CB-301 三浦技研

飛距離性能に優れ、やさしくうちやすい大型フルキャビティヘッド、幅広い層のゴルファーがアイアンに求める様々な性能、機能性をシンプルで美しい高性能アイアンヘッド。

2位 RYOMA Iron  RYOMA

リョーマ史上初のアイアンが誕生!ミスヒット時の左右のブレと飛距離のブレは、誰もが実感できるやさしさ、あらゆるゴルファーのパーオン率が高まる超高機能アイアン。

3位 PXG 0311P GEN2 PXG

ブレード型のデザインをしており、打ちやすさと許容性の理想的なバランスを提供できるよう設計されています。幅広いレベルのゴルファーにとって魅力的なアイアンとなっています。

4位 CB-01 IRONS マスダゴルフ

超ワイドなスイートエリアをもつアンダーカットキャビティ形状ながら、溶接部の一切ない軟鉄鍛造一体成型により軟らかく芯のある爽快な打感を実現したアイアン。

5位 PXG 0311 XF GEN2 PXG

このクラブは、群を抜いてやさしく打つことができ、より長いトップブレード、より大きいオフセット、幅広いソール、そして構えた時のにヘッドが大きく見える安心感あります。

ウェッジ部門

1位 STUDIO WEDGE M425 マスダゴルフ

ボールを包むような“ふところ”感を得られる、強いグースネック。ソールが先に接地しやすく、日本の芝質に強いのもメリットです。チップインを狙えるような、ラインを出しやすいウェッジです。

2位 PXG 0311T WEDGES  SUGAR DADDY PXG

ヒールトゥに向かってスムーズにテーパリングしながらセンターでバウンスが最適になることで、さまざまな条件の芝とバンカーで効果的に使用できるようになっています。

3位 MG-R01 三浦技研

打感を追求した結果、辿り着いた素材「純鉄」の特性を生かしながら、スピングラインド製法をさらに進化させ、彫刻スコアラインと同等のスピン性能を実現。

 

関連人気ランキング

MAP